2009年07月23日

小雀地区コミュニティバス試乗

本日、入江、内藤の2名で大船駅より小雀地区へ運行されているコミュニティバスに試乗して来ました。大船駅の笠間口よりすぐのバス停から発車し、乗客は我々2名でした。運賃は300円でした。途中山谷下で下車し、近くの店でインタビューしたところ「バスができてから便利になった。お年寄りには便利だと思う」などの声が聞こえました。確かに坂がこの辺は多く、コミュニティバスの果たす役割は大きいと感じました。その後、やってきたバスは9人乗りでゆきの15人乗りとは違っていました。やはり、通勤・通学DSC07012.JPG輸送の需要が多いようで、朝晩は2台のバスをフル稼働させているようです。このバスもやはり赤字で元々トラックの会社だったのをバス購入で対応したようです。
 これからの私たちの活動を知る上で非常に有意義な視察となりました。
 内藤


DSC07009.JPGDSC07015.JPG
posted by コミバス at 16:21 | 調査・研究