2008年02月28日

「コミュニティバスの実現をめざす区民の集い」報告 A

 3回の試運行はこんなでした

第一部 報告
@試運行の報告と総括第1回試運行の概要
 ・日程 2004年7月4,11,18,25日(毎日曜日)
・コース 菊名〜大倉山〜新横浜循環
・バス 8人乗りワゴン型普通乗用車のレンタカー利用、運転はボランティア
・便   11時から16時の1日6便
  ・料金無料

・バス停 置かず 乗降自由。ちらしを掲げたら停まる。
            ただし、22ポイントを設定し、予定通過時間を前もってチラシで知らせる。

・事業主体・運行主体 ともによこはま環境フォーラム
・財源 環境フォーラムの財政支出と広告収入若干 
・乗車人数 110人 5人/便 

 第2回試運行の概要
・日程  2005年2月7.8.9.10(平日)

・コース 菊名〜大倉山〜新横浜循環 
 一回目より膨らます
(錦が丘のロータリーの上の尾根道を走行、
 菊名から大倉山間は綱島街道旧道を走行
)

・バス 10人のりワゴン レンタカー利用 
  運転はボランティア 運行補助ボランティアを置く

・便 8時〜16時 18便  料金無料

・バス停 事業主体等 第1回と同じ ただし、実施段階において、
 環境フォーラムの枠を超えた実行委員会を設置し準備する。

・財源 環境フォーラム支出と広告収入(3万)とカンパ
・乗車数195人 6人/便 

第3回試運行の概要
・日程   2006年2月17.18.19(金土日)
・コース  菊名〜大倉山〜新横浜循環 ほぼ幹線を走行する。

・バス    35人乗り 小型バス 市バスを借りる 運転手附き 
故に運転は我々はせず。ただし、運行ボランティアは乗降の補助を含めおく。

・便  10時から15時 1日6便 料金無料
・バス停  19ヶ所設置 内5本は本格的バス停 市交通局より借用 バス停設置場所はすべて民有地(土木事務所との調整がつかなかった。) 
実行委員会が地元の了承を得る。(新横浜駅前のみ不可)
・事業主体 NPOよこはま環境フォーラム
 運行主体横浜市交通局(NPOが横浜市交通局と委託契約を結ぶ) 
・財源  港北ふるさとサポート事業補助(20万強)広告収入(10)その他カンパ収入
・乗車数 720人 20/便
posted by コミバス at 22:50 | Comment(0) | これまでの活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]