2008年03月03日

南区で実証運行しているシャトルバスに乗ってきました

 コミュニティバス視察会 
 コミバス市民の会では東京や神奈川県などのコミュニティバスの視察会を実施しています。今回で3回目です。
   視察日:2月18日(月)
● ルート:磯子駅〜京急杉田駅〜上大岡駅〜上大岡駅
    参加者:3


市営バス日野ポンチョ型磯子駅発@     横浜市営バス 磯子駅〜上中里地区循環(写真左)


 日野リエッセ、座席数14、 料金210円、

磯子駅10:06発〜上中里公団住宅経由〜京急杉田駅下車10:55、

最初乗客数6人(私たちを除く)杉田駅ではほぼ南区シャトルバス満員  狭い住宅地や丘陵地を走る 

A南区実証運行シャトルバス (写真右上・右下)

 上大岡駅 ⇔ 別所・中里地区 
 

9人乗りトヨタハイエース 料金300円、9時から5時、45分間隔、南区シャトルバス上大岡駅11:23発、最初3人(私たち3人を除く、最終は満員になる

<参考までに>

第1回の視察会は07年7月25日、渋谷区ハチ公バス、武蔵野市ムーバス、杉並区すぎ丸、町田市玉ちゃんバスを試乗しました。

第2回の視察会は07年10月15日、大和市のろっとバス、海老名市コミュニティバス、泉区Eバス

   報告者 : 清水康二
posted by コミバス at 23:16 | Comment(2) | 調査・研究
この記事へのコメント
視察会に午前中だけ参加しました。わたしは、「横浜市営の日野ポンチョ」に初めて乗りました。
一昨年の3回めの試運行は、市営バスに依頼して実行しましたが、その時は、横浜市は、日野ポンチョを持っていませんでした。

2003年に武蔵野市のムーバスを視察、試乗したのが最初のコミバス体験でしたが、それが日野ポンチョでした。小回りのきくいいバスですね。

Posted by 入江 at 2008年03月05日 21:49
南区実証運行シャトルバスにも、武蔵野ムーバスと同じように、急の雨のための傘が備えてありましたね。運転手さんは、とても落ち着いていて、運転も見事で乗っていても安心感がありました。

清水さんが書いておられますが、最終は満員でした。もうひとり乗客がこられたら、見学の私たちは、Y先輩はともかく、私と清水さんは、途中でも降りなくちゃ、と覚悟して、そう話しあっていました。

実家に帰っていたと思われる赤ちゃん連れの若いお母さんが乗られ、赤ちゃんの祖父母と思われる方が、停留所まで見送りにきていました。祖父母のお二人のうちお一人でも上大岡まで見送りに行かれるつもりだったら、定員オーバーでした。幸い?そうではなく、超過オーバーの最初の事例にはなりませんでした。

運転手さんに聞くと、今まで満員になったことはあるけれど、満席で乗れなかったことはない、とのことでした。

乗客には杖をお持ちの方が多く、またお子さん連れの方には、このバスはとても重宝なものです。ぜひこのシャトルバスが実証運行から本運行を実現してほしいと思いました。

問題は経費ですね。タクシー方式での採算基準は1時間約4500円といいますから、9人乗りで、常時満席でも300円の乗車賃だけでは届きません。その際の赤字分を、どう地域・行政が一緒になってクリアするか、ですね。

Posted by 入江 at 2008年03月06日 12:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]