2008年06月21日

港北区医師会 区民公開講座 受講者に、コミバスアンケートをしていただきました。

531日午後、港北公会堂で港北区医師会・万有製薬株式会社共催の港北区医師会区民公開講座が開催されました。その席上、コミバスリーフレットとアンケートが配布され、講座のまとめの諸案内の中で司会の北田守先生から個人情報の欄は記入義務がないことを確認しつつ、アンケート用紙と黄色のコミバスリーフレットを掲げて受講者の皆さんに紹介されました。散会後、受講者から33通ものアンケートが提出されました。

 ありがとうございました。

なお、この日の公開講座は、

「医療・福祉の現状と今後の問題点」

  (大倉山内科クリニック 院長北田守先生)

「在宅医療の現状と今後」

  (日横クリニック院長鈴木悦朗先生)

「安心して死を迎えるためにーあなたは何処で死にますか?自宅、病院それとも介護施設―」

  (たかみざわ医院院長高見澤重隆先生)

の講演があり、港北の医療の現場からの貴重なお話をうかがうことができました。

コミバスアンケート 区内の施設で実施中です。

皆さんのご協力おねがいします。

posted by コミバス at 22:21 | 調査・研究