2007年12月30日

港北区民ミュージカル

12月23日に、3回目の公演を鑑賞しました。
昨年の公演から、さらに練り直しての公演だったと思います。
実は、昨年は、公演直後に同じ会場で、コミバス市民の会の
「12.17コミュニティバスの実現をめざす区民の集い」があり、その準備に意識が集中していました。
それでも、テーマについても、なにより、出演者のみなさんのはちきれるような、はつらつとした演技に強い印象をうけました。


再演の今回、特に舞台回しの「信号機」の三人娘(昨年はベテラン?の男女三人でした)は、絶妙の味を出していました。

区民ミュージカル清水実行委員長の開会あいさつにも、「この地域でもコミュニティバス実現をめざす運動が続けられています」という言葉があり、うれしく思いました。
そして改めて「コミバス実現へむけて、がんばらなくっちゃ!」と思いました。
(コミバス市民の会 入江)
posted by コミバス at 20:51 | わがまち・港北